EDでお悩みの男性とその治療薬「バイスマ」について   >   ED(勃起不全)について

ED(勃起不全)について

外国人男性

ED(勃起不全)とはどういうものなのか。またその原因とは何なのでしょう。高齢と共に発症しやすいイメージが強いものですが、最近ではそうでもなくなっているのが現状なのです。誰にでも起こりうる可能性が高いEDについて学びましょう。

現在日本の潜在的な患者数は1130万人に上るといわれており、EDは一般的な病気・疾患として認識されています。非常に身近な症状といえます。日本人のEDの有病率は加齢とともに増加し40歳前半で20%を超えます。50歳代後半で40%を超え、65歳以上では60%を超えます。70歳代では70%以上にも達します。

ED(Erectile Dysfunction)は勃起不全や勃起障害と訳され、勃起しない状態や、勃起状態を維持できず満足に性行為を行えない状態を指します。自分の意思に反してすぐに勃起しなかったり、性行為途中で中折れしたり、性行為の満足度が低い場合でこれらの症状が3カ月以上持続するとEDと診断されます。「妻だけED」 といった場合ももちろんEDと診断されます。

EDの原因には器質性ED、機能性ED、薬剤性ED、これらを複合した混合性のEDがあります。若い方では機能性のEDの方が一番多いのですが年齢とともに器質性のEDや薬剤性のEDなどが増えてきます。加齢とともにEDになる割合は高くなります。しかし近年はEDの原因は加齢だけでなく様々な原因、仕事やプライベートのストレスや不健康な生活習慣がEDの原因となっていることが知られています。糖尿病、脂質異常症、高血圧など生活習慣病になるとEDのリスクは高まります。動脈硬化の進展のため陰茎海綿体の動脈の拡がりが弱くなるためです。混合性のEDとはこれら原因が複合している場合を指します。

以上の事から、誰にでもEDになってしまう原因があるという事が解って頂けたでしょうか。そのなかでも可能性が高い「機能性ED」と「器質性ED」について詳しく見ていきましょう。